メールを送る

プロパティを配置する

mobylet.mail.propertiesを配置する

携帯メールには、絵文字を使用したメールやデコーメールの送信など、携帯独自のメール機能が存在します。
Mobyletのメール機能を使用することで、これらの機能を簡単に実装することが可能です。

まず、クラスパス配下に「mobylet.mail.properties」を作成してください。

メールサーバーを指定する

作成した「mobylet.mail.properties」に対し、以下のようにメールサーバーのIPアドレス、ポート番号を設定してください。

mobylet.smtp.host=メールサーバーのIPアドレス
mobylet.smtp.port=メールサーバーのポート番号

SMTP Authを利用する

作成した「mobylet.mail.properties」に対し、ユーザ名とパスワードを指定することでSMTP Authを利用することが出来ます。

mobylet.smtp.user=SMTPサーバ認証用のユーザ名
mobylet.smtp.password=SMTPサーバ認証用のパスワード

Initializerを指定する

mobylet.xmlにメール用のコンポーネント初期化クラスを登録する

クラスパス上に配置したmobylet.xmlに対して、メール機能を使用するために
以下のようにMobyletMailInitializerクラスの記述を追加します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<mobylet>
    <initializers>
        <chain>org.mobylet.core.initializer.impl.MobyletInitializerImpl</chain>
        <chain>org.mobylet.mail.initializer.MobyletMailInitializer</chain> ←追加
    </initializers>
    ・・・その他の設定・・・
</mobylet>

絵文字入りメールを送る

絵文字を使用したテキストメールを携帯メールアドレスへ送信する

テキストメールとして送信する場合に、本文に絵文字が含まれている場合でも特に意識することはありません。
通常の文字列と同じように扱うことが可能です。

MobyletMessage message = MobyletMailer.createMessage("送信先メールアドレス");
MessageBody body = new MessageBody();
body.setText("絵文字を含むテキストパートの内容");
message.from("送信元メールアドレス")
       .subject("件名")
       .setBody(body);
MobyletMailer.send(message);

デコメールを送る

テキストパートとHTMLパートを指定して送信する

テキストパートとHTMLパートを両方設定することで、デコメールとしてメールを送信することが可能です。

MobyletMessage message = MobyletMailer.createMessage("送信先メールアドレス");
MessageBody body = new MessageBody();
body.setHtml("<html><body>HTMLパートの内容</body></html>");
body.setText("テキストパートの内容");
message.from("送信元メールアドレス")
       .subject("件名")
       .setBody(body);
MobyletMailer.send(message);

バッチ処理でメールを送る

mobyletの初期化をバッチで行う

mobyletは基本的にFilterベースで作られていますが、メール送信処理等のバッチ処理のために
バッチ処理に適した初期化ロジックを提供しています。
初期化ロジックは以下の通り。

MobyletLauncher.launch();

上記のロジックを呼び出すことで「mobylet.xml」の読み込み等、
mobyletの初期化時に必要な処理を呼び出すことが出来ます。

ページのTOPへ戻る